イケメンにアタックしたい人が読むべき経験談

スポンサーリンク

イケメンのあの人に告白したいけど勇気がない。

どうせ私なんか振られるに決まっている…。

相手がイケメンだとつい告白を躊躇してしまいがちですがそれは間違いです。

アプローチしなければ限りなく0に近い交際確率も自分から動き出すことで跳ね上がります。

今回はイケメンに果敢にアタックしてうまくいった女性の経験談を紹介します。

成功体験が告白したいアナタの背中を押してくれるかも…。

 

ダイエットに共通の話題・準備万端で告白

今のイケメン夫は、中学時代の同級生です。

当時からモテモテの彼が所属するテニス部にはいつも女子のギャラリーができていて、あだ名は「テニスの王子様」

競争率は非常に高かったです。

密かに恋心を抱いていましたが、当時の私は太っていてコンプレックスのかたまりでした。

いきなり告白しても振られるのがオチだと思い、ダイエットに励みました。

さらに彼の仲のいい友達の輪に入って、彼との接点を増やしていきました。

挨拶を交わし合い、テニスについての話題に触れ、共通話題も増えた頃を見計らって、

思い切って告白したらまさかのOKでした。

イケメンで競争率も高い彼と付き合った事で、他の女子からは嫉妬や嫌がらせも受けましたが、

彼とつり合いのとれた女になっていくんだと決心をして、ダイエットや勉強に励みました。

浮気の心配もなく順調に交際が続いて結婚に至ります。

イケメンで心まで美しい彼の存在は、自分の努力や成長に繋がる原動力です。

 

奥手の彼にじれてこちらから告白

イケメン彼との出会いは大学時代の軽音サークルです。

ぶっちゃけ競争率はそこまで高くなかったです。

彼がクールなので女の子は近づきにくかったんじゃないかなと感じています。

私の外見は当時ショートカットだったので、美人とか女の子らしい雰囲気はなかったと思います。

毎日電話する仲にはすぐなりましたが中々告白してくれませんでした。

結局3ヶ月後にじれて私から告白しました。

付き合ってからも自分の外見には努力を惜しみませんでした。

とにかく太らないように。彼好みの女性になれるように髪型や化粧なども工夫しました。

彼は女癖は悪くないのですが、付き合ってからは束縛するタイプだと感じました。

イケメンと付き合うメリットは見飽きないことです。

美人は三日で飽きるなんていいますが、イケメンは全然飽きないです。

デメリットは常に自分の外見に気を張らなくてはいけないことです。

付き合う前より付き合ってからのほうが大変かも。

イケメンやモテる方はプライドも高いので、自分から告白しても良いという気持ちでいてください。

モテるが故に女癖が悪い方もいるかと思いますが、それに常に弱音を吐かず強い気持ちで付き合う覚悟はいると思います。

 

ぽっちゃりが好みでラッキー

出会いは街コンです。

競争率はそこまで高くなかったですが、おとなしい人だったので言い寄られたら断れないだろうなと思ってました。

当時の私はぽっちゃりして美人とは言えない外見です。

彼はおとなしい人だったので、よく会うようになっても告白をしてくれる様子がなくて遊ばれてるだけかな?って思いました。

なので自分からちょこっと告白の手前くらいまで言いました。

ぽっちゃりしてるので痩せようとしたのですが、イケメン彼氏はぽっちゃりの方がいいみたいで結局何もしなかったです。ラッキーでした。

あきらかに言い寄られたら断れないタイプだったので女を周りに寄せ付けてはダメだよって釘を差しましたが正直なところ浮気してたかはわかりません。

デートしてても見られるので優越感はありましたね。

逆にデメリットとしてはとにかく毎日不安で仕方がない日々を送ることになります。

イケメンで中身もめちゃくちゃイケメンっていると思いますが、顔はイケメンでも少し抜けてる磨けば光るイケメンを探すといいのでは。

 

チャンスを逃さず猛アタック

知人の紹介で出会った彼氏がすごくイケメンでした。

ハッキリ言って知人の紹介でイケメンと出会える機会なんかそう無いので、私はすぐに付き合いたいと思い猛アタックしました。

幸いその当時の私の外見はダイエットに成功して少しずつ自信を持つ事ができたので、積極的に向き合えたのだと思います。

ですが、一度目の告白ではあっさり振られてしまい、友達以上には思えないと言われました。

そのまま諦めきれずに連絡を取り合ったりご飯を食べに行ったりしているうちに、彼の方からやっぱりつきあって欲しいと言ってくれて、めでたく付き合う事が出来ました。

彼に見合うために、彼の好みの服装にしたり、言葉つかいをなおしたり、なるべく彼の好みの女性に近づくために相当な努力をした記憶があります。

そんな自分に疲れてしまい1年後には別れましたが、友達にも自慢できるほどイケメンの彼氏と付き合えたのは自分の中では良い思い出でした。

 

勇気を出して連絡先をゲット

友達の知り合いの飲み会で出会いました。

男子3人の女子3人の飲み会でした。

席が彼とは隣でごはんを食べて色々と、話をしていく中で、イケメンだし話しもおもしろい。

色々なことを知っているなと感じて私も好意をもちました。

カッターシャツにジーパン、シンプルな格好でしたが、足も長くてかっこよかったです。

その日は、食事だけして、とりあえずお開きに。

しかしながら、絶対連絡をとりたいと思って帰り際に必死に連絡先を聞きました。

当時はメールですが、今日の天気やたわいもない話をする中で、とりあえず私から何度も連絡をとり、アタックして結果、つきあうことができました。

私もこのままではダメだと思って、化粧品店の奥でやっているエステに行ったり努力をしました。

付き合えたことにはよかったのですが、家もお金もちだったので、自慢話ばっかりで…。

結局疲れて別れてしまいましたが、あんなに、イケメンと付き合ったのは初めてでした。

 

先輩のアシストもあって告白成功

彼との出会いは、大学のサークルでした。

学部も違うし、あまり接点はありませんでしたが、サークル内では王子と呼ばれ、一部でファンクラブも作られていました。

彼を気に入っている先輩や後輩も沢山いたようですが、仲の良かった先輩にアシストしてもらって、飲み会の帰りに思い切って告白しました。

意外とあっさりとOKをもらえたので、サークル公認だったこともあり、わりと堂々と仲良くしていました。

それでも人気は高かったので、常に女にチヤホヤされているのは悩みの種でした。

その上、私より友人やバイトを優先することも多くて、あまり愛された感覚が最後までなかったのは残念でした。

 

地味な私でもなぜかあっさりOK

高校生の時テニス部の部長と付き合ってました。

かなりモテる人で地味な私が何故付き合えたのかは謎です。

部活絡みで仲良くなり連絡先を交換して私から告白したらすぐにOKを貰い付き合う事になったのです。

誰が見てもかっこいいので、周りの女子の熱い視線が痛くて苦しかったです。

イケメンなのは良かったですが、後からわかりましたが付き合うと同時くらいに他の人とも交際をスタートさせていたみたいです。

完全に私は遊ばれていました。

イケメンと付き合うのはそれ以来やめました。

 

大学のキャンプで男子部屋に突撃

大学生のとき、学部で1番のイケメンと付き合うことができました!

入学したてだったので、素性はわからず見た目だけでかなり食いついていました(笑)

私の大学はオリエンテーションを前提とした学部全員参加の一泊2日のキャンプがあります。

そこで夜に忍び込んで仲良くなり、付き合えることになりました!

私の方も大学デビューにかけていて見た目には少し自信があったので完全に色仕掛けだったのですが、手に入ればこっちのもの!という気持ちだったので付き合えて嬉しかったです。

しかしそんなキャンプでアレしてしまうような人はやはりかなりのプレイボーイでした…。

イケメンなのをいいことに浮気もたくさんされたので、やはりデメリットは、女好きが多いということでしょうね!

 

まとめ

誰もが勝算が薄い状況で告白していますね。

もちろんうまくいかないこともありますが、0%が何十%かに上がるのは間違いありません。

一度振られて再度アタックしたらOKだったパターンもありますよ。

相手がイケメンだからと諦める必要はありません。

 

スポンサーリンク
体験談
もっとイケメンと付き合いたい人が読むブログ